病院に行くお金が足りない場合はどんな解決方法がある?

MENU

病院に行くお金が足りない場合どうすればいい?借りれる?

アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須

 

 

自分や家族が何の前触れも欠く突然体調を崩してしまった、ケガをしてしまった。

 

病院へ行くと思っていたよりも高額な医療費がかかって、お金足りないということだってあります。

 

ちょっとしたケガや軽い風邪なら市販薬で何とかなりますが、病院で診てもらわないとダメなほど酷い場合はしっかりと診断を受ける必要があります。

 

しかし病気やケガは不慮に起こるもの。

 

深夜だとお金を引き出せないケースでお金が足りないこともありますし、給料日前でお金が足りないで治療を受けたくても受けられないケースもあるかもしれません。

 

このように病院に行くお金が足りない場合どうすればよいのでしょうか?

 

 

もし病院の会計でお金が足りない場合どうなる?

 

思っていたよりも高額な医療費がかかってしまうことは決して珍しいことではありません。

 

病院の会計時に診察料のお金が足りない場合どうすればよいのでしょうか?

 

 

意外と知られていないのですが、実は病院でもお金が足りない時、足りない分などを「クレジットカードでの支払い」に対応しているところが多いです。

 

病院で足りない分などクレジットカードで支払いできれば、例え手持ちのお金が足りない時でも診察料を払うことができるので助かりますよね。

 

病院での利用は通常は1回払となりますが、その月のお金が足りない時には後からリボ払いに対応しているクレジットカードも多いです。

 

リボ払いについてはここを参照に⇒リボ払いってなんですか?注意点は?

 

ですから、医療費が高額となったとしても、分割ので支払いにすればお金が足りないこともなく、無理なく払っていくことが出来ます。

 

但し病院によってはクレジットカードが使えないところもあるので、お金が足りない可能性がある時には事前に確認が必要です。

 

大学病院や大規模の病院は足りない時のクレジットカード支払いが普及していますが、市民病院や中規模の病院、診療所やクリニックですとまだまだ普及率は低いです。

 

お金が足りないと困りますね。

 

ネットでクレジットカード使用可の病院を簡単に検索できるので、お金が足りない時には受診する前に調べてみるのも良いでしょう。

 

 

 

医療費をクレジットカードで支払うメリットは、お金が足りない時に、高額な医療費にも対応できることではないでしょうか?

 

クレジットカードは分割払い・リボ払いといった支払い方法を取ることが出来ますので、お金が足りない心配をすること無く治療に専念することが出来ます。

 

また、クレジットカードの魅力でもあるポイント付与、医療費の支払いにポイントは付与され後日使うことが出来ます。

 

お金が足りない時でなくても、現金で支払うよりクレジットカードを利用したほうが便利なだけでなくお得です。

 

 

診察を受ける際は受付にて保険証を提示しますが、万が一忘れてしまった場合支払いはどうなるのでしょうか?

 

殆どの病院は次回見せてくださいで済みますが、例えば初めてかかる病院や旅行先となるとそうも行かないケースが多いです。

 

この場合は足りないと大変ですが、医療費を一度全額自己負担で支払いとなり、後日早めに保険証を提示しに行くことでその場で清算してもらうことが出来ます。

 

チョット面倒ではありますが、きちんと足りないことがなければ、戻ってくるのが一安心です。

 

ですがこれが旅行先ともなると中々そうもいきません。

 

 

この場合は、療養費の申請手続きを行う必要があり加入している保険者に対し領収書とともに申請しなければいけません。

 

原則として7割分が戻ってくるのですが、差額が発生してしまう場合があります。お金が足りないとさらに厳しいですね。

 

と言うのも、保険証の提示がないと自由診療となるので医療機関は事由に診察代を設定することが出来るので概算となり差額が生じてしまう可能性があるのです。

 

もちろんお金が足りないとしても、保険診療を行ったと仮定した上で計算はしてくれますが差額が生じると思ったほうが良いでしょう。

 

 

お金が足りない。病院に行きたくても行けない!そんな時は?

 

日本は国民皆保険と言う制度があり、国民全員が何かしらの公的医療保険に加入することとなっています。

 

しかしお金がない、足りないなど何かしらの事情があって医療機関を受信できないもしくは受診しにくいという人もいらっしゃいます。

 

そのような時に病気やケガをしてしまったらどうすればよいのでしょうか?

 

お金が足りないという理由で、医療機関を受診できないという方でも医療を受けられる方法として「無料低額診療」というものがあります。

 

無料低額診療とは、お金が足りない時など、社会福祉法で定められた第2種社会福祉事業のひとつで医療機関が都道府県または政令市、中核市に届け出て実施しています。

 

保険証を持っていない、収入がなく医療費が払えない、足りないなど無料低額診療には適用基準があります。

 

つまり毎月安定的な収入はあるけど浪費が原因で一時的に病院のお金が足りないといった場合は適用されませんので注意してください。

 

無料低額診療を利用するには、まず窓口の職員にお金が足りないなど相談をし治療を開始となります。

 

その後相談担当者が話を伺い、足りない人なのかの申請を行い適用の審査をします。

 

申請すれば必ず適用されるとは限らず、お金が足りない時で、もし適用にならなかった場合は相談を継続となります。

 

適用となれば窓口での支払いが減額若しくは免除となります。

 

但し病院のお金が足りないという理由だけで、減免対象にならないものもありますのでその点は覚えておきましょう。

 

無料低額診療についてさらに詳しくはココ

 

 

 

上記で触れたように安定的な収入がある方は病院のお金が足りない時でも、無料低額診療を利用することは出来ません。

 

働いて収入を得ているのであれば、カードローンでお金を借りて病院のお金が足りない医療費に充てると言う方法を取ることが出来ます。

 

カードローンは原則として担保も保証人も不要でお金を借りる事が出来ます。

 

病院のお金が足りない分にあてることも可能です。

 

利用する本人に十分な返済能力と信用力があれば利用できる可能性は十分にありますので、一時的に病院に行くお金が足りない時にも非常に役立ちます。

 

 

また、カードローンは申し込みから融資実行まで早く、すの日の病院のお金が足りない場合なんかに、当日中に借り入れすることが可能なので助かります。

 

病院に行くとなれば大体は急ぎかと思いますが、そのように急ぎの場合でもカードローンなら病院のお金が足りない時、診察料の支払いをその日に出来る可能性が高いです。

 

但し、条件をきちんとクリアしていないと病院のお金が足りない時でも、当日中に融資を受けることが出来ませんので注意が必要です。

 

 

口座振り込みで融資を受ける場合は平日の14時までに契約手続きを完了させなければいけませんので、病院のお金が足りない時には早めに申し込みを済ませておかなければいけません。

 

指定時間を過ぎてしまえば口座振り込みを行っても反映されるのは翌営業日以降となり、支払いができませんので気をつけましょう。

 

もし口座振り込みが間に合わない場合は自動契約機で手続きするようにしましょう。

 

自動契約機で手続きが完了するとその場でローンカードが発行されますので、そのカードを使ってATMより病院のお金が足りない分のお金を引き出すことが出来ます。

 

自動契約機は夜遅くまで営業していますので、病院のお金が足りない時には、時間に余裕を持って手続きできるので確実性が高いです。

 

 

動物病院はいくらかかる?お金が足りない時は?

 

病気やケガをするのは何も人間に限ったことではなく、犬や猫など飼っているペットだって同じです。

 

動物が病気やケガをした場合は動物病院に連れて行く事になりますがいくらぐらいかかるのかある程度の相場は知っておきたいもの。

 

 

動物病院はいくらぐらいかかるのか、また主にどんなものに費用がかかるのかを見ていきましょう。いざという時に病院のお金が足りないと困りますからね。

 

動物病院の場合、診察料や治療費は自由料金となりますので病院や獣医師がそれぞれ独自に決めることが出来ます。

 

ネットなどで動物病院の料金を調べる方も多いかと思いますが、料金は記載されていません。

 

と言うのも、治療費を記載することは法律で禁止されているため、もし明確な料金の記載があるとなれば、その動物病院は法律に違反していると言う事になりますので気をつけましょう。

 

病院のお金が足りないかどうか判断するのが難しいですね。

 

但し目安としての料金を掲載している親切な動物病院もありますので参考程度にチェックしてみてください。

 

料金の相場は初診か再診かで変わってきます。

 

初診料の相場は1300円前後、再診料ですと800円前後はとられることが多いです。

 

これに加えて往診料が加算されることになります。

 

 

一口に検査と言ってもその種類は実に様々で、種類によってかかる料金も当然異なります。

 

尿検査であれば相場は1000円前後、糞便検査も1000円前後、血液検査なら3000円前後、レントゲンや超音波なら4000円前後が相場となります。

 

検査だけでなく施術も行う必要もありますので、それらの相場も紹介します。

 

爪切りは800円前後、足裏などの細かい毛のカットは1500円前後、肛門の嚢絞り1300円前後、外耳洗浄+耳のチェックは片耳1000円が相場です。

 

他には避妊手術であれば25000円前後、去勢手術は15000円前後、3種混合ワクチンは5000円前後、5種混合ワクチンは8000円前後、入院料は小型犬が3000円前後、大型犬なら4000円前後が相場となります。病院のお金が足りないかの基準にしてください。

 

 

 

動物病院は人間と違い公的医療保険制度がありません。

 

料金体系は病院ごとに異なり統一されていません。

 

料金が統一されていれば安心して診せられるのでが、国が独占禁止法によって基準料金を作ることを禁止しているため、こればっかりはどうにもならないのです。

 

また動物には様々な種類が存在するため、診察の難易度が異なることから料金を透明化するのが難しいという理由もあります。

 

必要な検査も多様となるので費用を明確にするというのは中々難しいようです。

 

 

料金相場を見ていただければお分かりのように、動物病院の診察代や治療費は高額です。病院のお金が足りないという人も実は多いです。

 

動物の種類や治療の難易度によって費用も変わってきますので注意が必要で、時には10万円以上かかることもあります。

 

 

ペットにも人間と同じように病院など万一に備えた保険が存在します。病院のお金が足りないことがないように検討する必要がありますね。

 

いくら愛するペットでも何万円もの出費となるのは極力避けたいもの。

 

犬や猫ですと医療費は高額になりやすいですから、病院に行くお金が足りないといった事にならないためにもペット保険に加入すると良いでしょう。

 

 

 

どうしても動物病院に行くお金が足りないという場合は、カードローンで一時的に賄う方法を取るのも良いでしょう。

 

カードローンは使いみち自由ですから、病院のお金が足りない時など医療費の支払いにも問題なく使用可能です。

 

但し、借金ですからいくら病院のお金が足りないからといっても、きちんと返済できるよう前もって計画を立てた上利用するようにしてください。

 

返済のあてもないのに借りてしまい家計を圧迫してしまっては元も子もありませんので、しっかりと計画立てすることを忘れないように。

アイフル


 

※即日融資は平日14時までに振込手続完了が必須